前へ
次へ

歯周病があるときのインプラント

子供のころに虫歯が痛くて親に歯医者に連れて行ってもらった経験を持っている人は多いでしょう。
そしてさらに痛い治療を受けて歯医者嫌いになる人も多いようです。
最近は虫歯治療の方法が変わっていて痛くない方法もあるようです。
大人になると虫歯の痛みを感じない人もいるようですが、虫歯になりにくいのではなく痛みを感じにくいだけのようです。
さらに歯周病となると痛みをほとんど感じない状態で症状が進むとされるので注意しないといけません。
もし歯周病や虫歯があるときにインプラント治療を受けようとしたらすぐに治療が受けられるかです。
多くの歯科医院ではまず今ある病気を治療してからその後にインプラントを行うと言われるでしょう。
義歯なので歯周病や虫歯は関係ないように感じますが、これらの病気は歯の細菌が影響しています。
もし治療をせずに行うと、歯根を埋め込んだ部分に菌が入り込んだりして将来的に機能しなくなる可能性があります。
まずは他の歯の様子を調べてもらい、問題があるなら治療をしてもらいましょう。

Page Top