前へ
次へ

インプラントのメンテナンスはどんなことをする

インプラント治療を受けた後に歯科医院で定期的に受けるメンテナンスの内容は、主にチェックとクリーニングです。
医師が診るのはインプラントだけでなく、周囲の歯や歯茎の状態です。
粘膜に炎症や異常がないか、汚れが残っていないか、歯周ポケットの深さなども確認します。
そして、インプラントの不調の一番の原因と言われる、咬み合わせの確認と調整を行います。
歯は少しずつ移動するため咬み合わせチェックは定期的に必要ですし、バランスが崩れた場合はインプラントを削るなどの調整が必要です。
そして、あごの骨の状態を確認するためレントゲン撮影を行います。
これらが終わったらクリーニングを行いますが、上部のクラウンを外して徹底的に行う場合と、口腔内のみ行う場合とがあります。
クラウン部分を外すと接合部分の歯垢をきれいに取り除くことが可能で、数か月から1年に1度程度、こうしたケアを行う医院が多いです。
ただ、中にはネジで結合するのではなく、セメントで接合されたものがあり、この場合はこのメンテナンスはできません。
口腔内のクリーニングは通常のクリーニングと同じです。
3か月から半年に1度、すっきりきれいにしましょう。

Page Top